京都最大級のテナント情報専門サイト

京都 テナント〜京都で店舗の賃貸、事務所の賃貸、居抜店舗の賃貸は株式会社エクシブ〜

HOME > 管理業務のご案内 > マンション経営の税務 > 建設のメリットと保有時の税金

建設のメリットと保有時の税金


マンションを建設するメリット

マンション経営は、きちっと管理していけば長期にわたって安定した収入が得られますので、将来の年金対策になります。今、話題の公的年金は、今後徐々に受給開始年齢が引き上げられて行きます。しかし、現状では多くの企業が60才定年なので、定年後公的年金受給開始年齢までの収入の確保や公的年金にプラスして収入確保出来れば、ゆとりある生活が出来、もし年金が減額されたり増税されたりしても対応出来るようになります。

また、将来のインフレ対策上も賃貸マンション経営は有効です。インフレになると現金、預貯金は徐々に目減りしていきますが、不動産は価格、賃料ともに上昇する傾向があり、資産価値が増加するため比較的強いと言われています。特に長期(10年〜20年ぐらい)インフレ対策には向いているとされています。他に、近年導入されたペイオフ対策、低金利時代における安定した収益の確保などからマンション経営は一考する余地はあると思います。

マンション建設にかかる税金


マンションを建設して保有していく間には、いろいろな税金が必要となります。関係してくる税金を時系列的に並べると次のようになります。

建築

印紙税(1回だけの税金)
建築業者と通常後々トラブルにならないように「請負契約書」と取り交わします。その契約書に必要となります。

完成

登録免許税(1回だけの税金)
建物が完成すると通常権利を明らかにするために不動産登記(所有者の保存登記、移転登記、抵当者の設定登記)を行います。その際に必要となります。

不動産取得税(1回だけの税金)
文字通り不動産を取得(土地や建物を購入したり新築したりした時)した時に課税される税金です。

保有

固定資産税(毎年課税される税金)

都市計画税(毎年課税される税金)

不動産収入に対する所得税(毎年課税される税金)

不動産収入に対する住民税(毎年課税される税金)

不動産収入に対する事業税(毎年課税される税金)

このページのトップへ