京都最大級のテナント情報専門サイト

京都 テナント〜京都で店舗の賃貸、事務所の賃貸、居抜店舗の賃貸は株式会社エクシブ〜

HOME > よい物件の選び方

よい物件の選び方

重要な要素をクリアしてもっとも適した物件を探しましょう!

もちろん、業種によっても様々ですが、クリアすべき点をきちんと把握した上で、物件を探さないといけません。エクシブの専門スタッフはクリアすべき点をきちんと把握してお客様の業種にふさわしい物件をご提案させていただきます。しかし、そのクリアすべき点というのがお客様も意外に見落としがち。業種によっては駅から近い物件や駐車場が必要な郊外タイプがよいなど様々ですが、どちらも満たす物件となれば当然人気も高くなります。お客様の譲れない明確な立地条件などをきちんと把握しておきましょう。

  • ◆立地条件
  • ◆交通量
  • ◆通行量
  • ◆乗降客数
  • ◆乗降客層
  • ◆etc・・・
重要な要素をクリアしてもっとも適した物件を探しましょう!

起業のための準備

物件をお探しになられるお客様には事業発展などのケースもありますが、ほぼ新規起業のお客様もいらっしゃいます。
起業のためには実際には以下のような準備が必要となります。

許可・認可は必要?

業種によっては、役所からの許可・認可、届出が義務づけられているものがあります。「小売」であっても、取扱製品によって窓口が異なります。
許認可・届出が必要な主な業種を下記に記載いたします。許認可が必要かどうかわからない時は、関係窓口に問合せてみましょう。

起業のための準備
【許認可・届出が必要な業種】
保健所 都道府県及びその他の官庁 警察署
・飲食店営業
・食品等販売
・菓子製造業
・食肉販売業
・魚介類販売業
・豆腐製業
・旅館業
・診療所・病院
・クリーニング業
・理美容業
・医薬品販売業 等
・保育所
・各種学校
・不動産
・建設業
・運送業
・駐車場
・人材派遣業
・自動車整備業
・ガソリンスタンド
・酒類販売業 等
・警備業
・古物商
・リサイクル店
・金券ショップ
・マージャン店
・バー・クラブ 等

会社名称は、同じ名称・類似した名称などが先に登録されている場合など、使用許可が下りないことがあります。各種届出をする前に、登記予定地域の法務局で調べておきましょう。

資金計画をたてましょう

起業が決まれば、そのためにどのくらいの資金が必要でそれをどう調達するのかについて検討しなければなりません。
お客様の事業に必要な設備・取得にかかる資金、その調達方法を前もって調べておきましょう。

開業資金

開業資金は、業種・業態・事業形態によって異なってきます。飲食・理美容業など店舗を構える場合には、店舗を借り、内装を施し、備品を手配しなければなりません。モノを販売・製造する際には、什器や商品・材料を先行して仕入れる費用が必要です。事務所を構える場合にも、権利金や保証金など不動産契約にかかる費用が発生します。FC制度を利用する場合には、加盟のための費用が必要です。

資金調達の方法

資金調達の方法には、自己資金・個人からの借入・金融機関からの借入があります。自己資金は、豊富にあるに越したことはありません。起業を志したら、その日から資金確保を始めましょう。
全額自分で用意できない時にはどこかから調達しなければなりません。個人からの借入とは、家族・知人・友人などを指します。身内からの借金は、借用書や返済の記録などで「借金」である証明を残しておかなければ、贈与税がかかるので注意が必要です。金融機関からの借入には更に2種類あります。一般の金融機関からの借入と公的な団体からの借入です。昨今の新規創業者の増加を受け、創業支援・起業育成事業の一環として日本政策金融公庫や都道府県などの自治体が条件つきで低利や無担保・無保証人の融資制度を設けています。

収支計画をたてましょう

新たに事業を始められる方にとっては、「これからは始める事業はどれくらいの利益が見込めるのか?」という点が一番気にかかるところです。
創業後の収支の見込みを実際の数値に表してみてはいかがでしょうか。

こちらでは、お客様にご活用いただける収支計画表をダウンロードいただけます。

事業計画に見合うテナントを探しましょう

このページのトップへ